役立つ資格ベスト3を発表!!

世は不景気、大不況だなんて言われています。

先行き不透明な経済に、仕事面で不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

こんな時こそ、信じられるのは「自身のスキル」だと、資格を取る方も増えているようです。

資格社会と呼ばれるほどに、資格を持つ人が優遇される時代になりました。
しかし、どんな資格でもただ持っていればいいという訳ではありませんよね。
どんな資格を取れば役に立つのか?安定して働く事が出来るのか?

困ったときは「先人に学べ」という事で、現在人気のある資格を見てみましょう。

資格人気ランキング
医療事務医療事務はテレビCMなどでもお馴染みですよね。
行政書士男性、女性問わず人気のある資格です。
Fプランナーファイナンシャルプランナー通称FPです。

一番人気があるのが医療事務です。 主に女性を中心に人気が集中しています。 誰もが病院で一度はお世話になったことがあるでしょう。 レセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成し、受付業務を担います。

全国的に医療機関は増え続けていますが、医療事務は全体的に見ても不足しています。 高齢化が進んだ現代では、特に医療機関を必要とする人も増え、 活躍はこれからも広がっていくことが予想されます。

医療事務は専門職なので時間に多少融通がきき、また長く安定して働けることが最大の魅力です。 正社員ならば月収は130,000円から250,000円。 一か月に一週間から二週間勤務のパート・アルバイトでも40,000から100,000円の収入が見込まれます。

流行り廃りがなく活躍の場が多い事などから

「医療事務」の資格を取る女性がとても多いようです。

二番目に人気があるのが行政書士です。 行政書士は官公署に提出する各種許認可書類や届出書類を代わって作成し、 提出代理や相談業務を行う仕事です。 行政事務が多様化し、難解になっているので、個人や企業共に必要とされています。 その活躍は幅広く、国際関係や建設関係、相続相談や風俗営業など多岐にわたります。 独立開業も可能で、再就職に有利な資格なので、男性、女性問わず人気のある資格です。

三番目に人気があるのがファイナンシャルプランナーです。 ファイナンシャルプランナーは保険や株、投資信託のスペシャリストです。 この不況の折、お金の動きを知り運用することが出来るので、 金融機関や不動産業界での就職、再就職、キャリアアップに役立ちます。 独立も可能で他の資格を取得する道しるべにもなるので、可能性の広がる資格でもあります。 こちらも男女共に人気のある資格です。

人気のある資格を見てみると、どれも就職に有利なものばかりです。 職を見つけるのが困難になってしまった時代を表わしているのかもしれません。 理想の職業に就きながらも、自分らしいライフスタイルを送るためにも、 自分にあった資格を取得していきたいですね。

ページのトップへ