試料の入った袋を嗅ぎ当てる


悪臭防止法という法律があります。
あまり知られていないこの法律ですが1995年に大きく改正されました。

それまでの法律はアンモニア、硫化水素など定められた22種類の物質と、
その濃度を機械で測ることにより規制されてきました。
しかし、指定された22種類以外の臭いによる苦情が増加し、
人の嗅覚により悪臭を判定するように改正されたのです。

それが臭気判定士による嗅覚測定法です。
嗅覚測定法とはどのような方法なのでしょう。
やり方は一般的にあまり知られていませんよね。

測定の仕方は、まず現場で試料を採取してきます。
それを臭気判定士により選ばれた5〜6人に嗅いでもらうのです。
このとき選ばれる人はあらかじめ嗅覚が正常と判断された人で、嗅覚試
験者(パネル)と呼ばれます。
方法は試料が調整された袋を嗅ぎ当てるもので、徐々に無臭の空気で薄
めていきます。

嗅ぎ分けられなくなるまで同じ方法を繰り返します。
嗅ぎ分けられなくなった状態の希釈倍率により、臭気濃度が決定するの
です。

うなぎを間近で嗅いだ臭いが臭気指数30、珈琲を間近で嗅いだ臭いが
臭気指数20くらいです。臭気指数が高ければ高いほど、強い臭いなの
です。

排水口や工場の臭いなど、ほとんどの自治体でこの臭気判定士による
臭気指数で規制が行われるようになりました。
今までは取り締まれなかった問題を、より厳しく考えるきっかけにも
なっています。

着々と進んでいく環境保護の視点からも、今、新しい時代の悪臭問題
に取り組む必要があるのです。

ページのトップへ