理系の現場が多い


資格社会と呼ばれるほどに、資格が持つ意味が重要視されています。
中でも国家資格は憧れの的ですよね。
受験するにも、経歴や学歴、就職歴や経験などが必要とされる国家
資格ですが、

18歳以上という資格さえクリアすれば受験できる資格があるのです。

臭気判定士。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
時たまテレビなどで見かけますよね。

臭気判定士とは悪臭を判定することが主な仕事です。
資格を取った後の就職先を見てみると、工場や事業所、
時には医療現場や公益団体など多岐にわたっています。
工場などで有害物質が出ていないかを検査する。
消臭剤の開発に携わる。
農業に使う堆肥を調べる。
時として過酷な仕事もあるようです。

就職先は主に理系の現場が多いようです。
理系分野が得意で、他の資格と併用が出来る方が重宝されます。
工場で働きたいという夢を持つ人にとっては、臭気判定士の資格を
持っているだけで有利になれるそうです。

昔であれば男の仕事とされそうな現場が多いですが、もちろん女性
の臭気判定士の方もいます。

臭気判定士として有能であれば、化粧品会社にも就職が可能と言わ
れています。

一般的に女性の方が嗅覚に敏感なので、これから女性の活躍の場が
広がっていくかもしれません。

決して楽ではないかも知れませんが、環境を考える上で大切な仕事です。
特に温暖化の進む今日では、工場や近隣の住民も過敏になりがちですよね。

地球を思いやる人類であるために、
臭気判定士の存在が必要とされているのです。

ページのトップへ